あがり症を克服するための基礎知識のTOPに戻る
「あがり症を克服するための基礎知識」トップ >  薬物療法 > あがり症の克服に向精神薬を使用する

あがり症の克服に向精神薬を使用する

あがり症を克服するひとつの方法として、薬物療法があります。
薬物療法とは、あがり症の症状や原因を薬を服用することによって
和らげるたり、改善したりすることです。
あがり症の対する効果的な薬のひとつに「向精神薬」があります。
この、向精神薬とは、抗うつ剤、精神安定剤、睡眠薬、鎮痛剤のことであり、服用することで、中枢神経に作用し、精神状態の改善を行う薬剤のことです。
あがり症における、向精神薬の効果としては、現在陥ってる状況を改善し、積極的な治療が行える状態作りといえるのです。
つまり、向精神薬を服用するだけで、あがり症が改善することはないわけです。 
しかし、ある人の状況にとっては積極的な治療を行うためには、効果的であるともいえます、薬の服用をコントロールする意味でも、心理療法と同時に服用することをお勧めします。

向精神薬を服用するにあたり、注意すべき事項は沢山あります。
まず、一番大切なことは、医師の指導の下に服用してください、服用量はもちろんですが、服用期間、効果の有無なども定期的に診断してもらいましょう。
また、向精神薬の中には強い副作用が出るものがあるので、あまり副作用が酷いようでしたら、薬を変えるか、服用をひかえましょう。
副作用がなくても、効果が期待できないのに長期に渡って服用し続けつことは、逆に害になることもあるので、医師の判断に従ってください。

薬物の効果は、心理療法を合わせて行うことで、最大限に発揮するとも言われており、薬だけに頼るのではなく、医師の指導のもとに心理療法を合わせて行うようにしましょう。
関連コンテンツ

あがり症を抗うつ剤で克服する時の注意点

あがり症の克服に対して抗うつ剤も処方されていますが、全ての抗うつ剤にあがり症に対する効果があるとは言えません。 例えば、「三環系抗うつ剤」と呼ばれる抗うつ剤は、以前から様々な病気に対して処方されてき・・・

あがり症を精神安定剤や抗うつ剤で克服する

あがり症に精神安定剤を使用し克服するこができます。 あがり症にもっとも多く使用されるのは「ベンゾジアゼピン」という精神安定剤という薬剤です。 この「ベンゾジアゼピン」という薬は、不安を原因とする、・・・

あがり症をβ遮断薬で克服する時の注意点

あがり症の症状の緩和に用いられるβ遮断薬ですが、服用にはいくつかの注意点があります。 心臓障害の一部、喘息などの薬とβ遮断薬は併用することができません。医師の判断に従って服用してください。 あがり・・・

あがり症をβ遮断薬で克服する

あがり症の症状、口の渇き、発汗、動悸、震えなどを緩和する薬として使用されているβ遮断薬は、元々は狭心症、高血圧、不整脈、心筋梗塞を予防するための薬剤、又は頭痛に対する効果も認められ、幅広く用いられてい・・・