あがり症を克服するための基礎知識のTOPに戻る
「あがり症を克服するための基礎知識」トップ >  薬物療法 > あがり症をβ遮断薬で克服する

あがり症をβ遮断薬で克服する

あがり症の症状、口の渇き、発汗、動悸、震えなどを緩和する薬として使用されているβ遮断薬は、元々は狭心症、高血圧、不整脈、心筋梗塞を予防するための薬剤、又は頭痛に対する効果も認められ、幅広く用いられていました。
しかし、1960年代頃に心理面に対する効果が研究されるようになり、社会不安に対する効果が証明され、あがり症にも積極的に使用されるようになったのです。

さて、β遮断薬とはどのような効果があるのでしょう
まず、私達の体の各器官にはβ受容体という微小な部分があり、アドレナリンやノルアドレナリン等の神経伝達物質が作用し、動悸、口の渇き、発汗、震えなどを誘発しているのです。 β遮断薬はこのβ受容体に直接働き掛け、この一連の症状を抑えてしまうという薬剤なのです。

β遮断薬の特徴は、なんといってもその、即効性にあると言われています。
ある調査によると、バイオリン奏者に演奏の数時間前にβ遮断を服用させたところ、あがり症の症状が克服され、手の震えも抑えられたのです。
手の振るえが抑えらたことにより、演奏もいつもより上手に行えたということです。

このように、β遮断薬は、あがり症そのものを治療する薬剤ではなく、あがり症からくる様々な症状を緩和させる働きがあるということです。

ただ、その症状が抑えられることで、自分に自信ができ、その後の積極的な治療に大きな効果を発揮するといえるでしょう。
バイオリン奏者が、手の振るえが抑えられ演奏の質が上がったということは、人前での演奏に自信をもてるようになり、その後「あがり症」そのものを克服できるきっかけに、なるかもしれません。
関連コンテンツ

あがり症を抗うつ剤で克服する時の注意点

あがり症の克服に対して抗うつ剤も処方されていますが、全ての抗うつ剤にあがり症に対する効果があるとは言えません。 例えば、「三環系抗うつ剤」と呼ばれる抗うつ剤は、以前から様々な病気に対して処方されてき・・・

あがり症を精神安定剤や抗うつ剤で克服する

あがり症に精神安定剤を使用し克服するこができます。 あがり症にもっとも多く使用されるのは「ベンゾジアゼピン」という精神安定剤という薬剤です。 この「ベンゾジアゼピン」という薬は、不安を原因とする、・・・

あがり症をβ遮断薬で克服する時の注意点

あがり症の症状の緩和に用いられるβ遮断薬ですが、服用にはいくつかの注意点があります。 心臓障害の一部、喘息などの薬とβ遮断薬は併用することができません。医師の判断に従って服用してください。 あがり・・・

あがり症の克服に向精神薬を使用する

あがり症を克服するひとつの方法として、薬物療法があります。 薬物療法とは、あがり症の症状や原因を薬を服用することによって 和らげるたり、改善したりすることです。 あがり症の対する効果的な薬のひと・・・