あがり症を克服するための基礎知識のTOPに戻る
「あがり症を克服するための基礎知識」トップ >  薬物療法 > あがり症をβ遮断薬で克服する時の注意点

あがり症をβ遮断薬で克服する時の注意点

あがり症の症状の緩和に用いられるβ遮断薬ですが、服用にはいくつかの注意点があります。
心臓障害の一部、喘息などの薬とβ遮断薬は併用することができません。医師の判断に従って服用してください。
あがり症の症状緩和には強い効果がありますが、「全般性社会恐怖」、「内気」などには全く効果がないことも、知っておいて下さい。

β遮断薬は即効性があるので、緊張、不安が予想される状況の約1時間前に服用するようにして下さい。
緊張、不安を感じることが予想される講演会や演奏会などが始まる前に予め服用し、症状を緩和させてしまうわけです。
服用から一時間後に効果が発揮され、数時間に渡って効果は持続します、
但し、服用量は医師の指示に従ってください。
このβ遮断薬の効果として、定期的に服用し、効果を実感してくると、やがて薬の必要性を感じなくなり、服用しなくても緊張や不安に対処できるようです。 つまり、β遮断薬であがり症を克服しようとする時にこの薬に依存してしまう危険性は高くないといえるのです。
このことは、あがってしまうことはないという、実感を得ることで、苦手な状況の前に極度の不安や緊張感が緩和されるということです。
あがり症が「あがってしまう」こと事態に対して極度の不安や、緊張感を感じてしまうことの現われといえるでしょう。

国によりβ遮断薬の使用状況は様々なようです。
フランスでの使用は、感情の起伏による動悸や心拍数に障害が発生した時に限られていますし、アメリカではその使用は一般化しており、プロミュージシャンの30%以上がライブ前に服用しているという調査結果もあります、またその時、医師ではなく自己判断で服用しているそうです。
関連コンテンツ

あがり症を抗うつ剤で克服する時の注意点

あがり症の克服に対して抗うつ剤も処方されていますが、全ての抗うつ剤にあがり症に対する効果があるとは言えません。 例えば、「三環系抗うつ剤」と呼ばれる抗うつ剤は、以前から様々な病気に対して処方されてき・・・

あがり症を精神安定剤や抗うつ剤で克服する

あがり症に精神安定剤を使用し克服するこができます。 あがり症にもっとも多く使用されるのは「ベンゾジアゼピン」という精神安定剤という薬剤です。 この「ベンゾジアゼピン」という薬は、不安を原因とする、・・・

あがり症をβ遮断薬で克服する

あがり症の症状、口の渇き、発汗、動悸、震えなどを緩和する薬として使用されているβ遮断薬は、元々は狭心症、高血圧、不整脈、心筋梗塞を予防するための薬剤、又は頭痛に対する効果も認められ、幅広く用いられてい・・・

あがり症の克服に向精神薬を使用する

あがり症を克服するひとつの方法として、薬物療法があります。 薬物療法とは、あがり症の症状や原因を薬を服用することによって 和らげるたり、改善したりすることです。 あがり症の対する効果的な薬のひと・・・