あがり症を克服するための基礎知識のTOPに戻る
「あがり症を克服するための基礎知識」トップ >  薬物療法 > あがり症を精神安定剤や抗うつ剤で克服する

あがり症を精神安定剤や抗うつ剤で克服する

あがり症に精神安定剤を使用し克服するこができます。
あがり症にもっとも多く使用されるのは「ベンゾジアゼピン」という精神安定剤という薬剤です。
この「ベンゾジアゼピン」という薬は、不安を原因とする、あがり症などの症状、筋肉の硬直などの、主に身体反応に対して効果が高いとされています。
しかし、この薬の性質上、他人とのコミュニケーションに問題がなくなたり、他者からの視線を気にせず行動できるようになるわけではありません。
要するに、この薬の効果は一時的な不安を失くすことはできても、行動パターン、思考パターンを変えることはできないということです。
この薬を服用する時にいくつか注意しなければいけないことがあります。
まず、服用の治療を途中で止めてしまうと、リバウンド状態が起き、より強い不安感じてしまい、あがり症事態を悪化させてしまうことがあります。
また、この薬は高い依存性を持つ性質があり、かつ長期にわたって服用を続けると、その効果がだんだん薄れていってしまうという欠点も持っています。
現在では、このような理由から、あがり症の人に「ベンゾジアゼピン」を処方するということは、少なくなってきました。
しかし、社会恐怖という精神疾患の患者さんに対しては有効な薬とされています。 
「社会恐怖」とは、あがり症より症状が重い精神疾患のことです。

うつ病の患者さんに処方される、抗うつ剤も、あがり症に効果があると言われています。
抗うつ剤というのは、不自然行動や、ネガティブな感情(不安など)などの多岐にわたる症状に対して、効果が期待できるので、あがり症にも処方されるケースがあるのです。
関連コンテンツ

あがり症を抗うつ剤で克服する時の注意点

あがり症の克服に対して抗うつ剤も処方されていますが、全ての抗うつ剤にあがり症に対する効果があるとは言えません。 例えば、「三環系抗うつ剤」と呼ばれる抗うつ剤は、以前から様々な病気に対して処方されてき・・・

あがり症をβ遮断薬で克服する時の注意点

あがり症の症状の緩和に用いられるβ遮断薬ですが、服用にはいくつかの注意点があります。 心臓障害の一部、喘息などの薬とβ遮断薬は併用することができません。医師の判断に従って服用してください。 あがり・・・

あがり症をβ遮断薬で克服する

あがり症の症状、口の渇き、発汗、動悸、震えなどを緩和する薬として使用されているβ遮断薬は、元々は狭心症、高血圧、不整脈、心筋梗塞を予防するための薬剤、又は頭痛に対する効果も認められ、幅広く用いられてい・・・

あがり症の克服に向精神薬を使用する

あがり症を克服するひとつの方法として、薬物療法があります。 薬物療法とは、あがり症の症状や原因を薬を服用することによって 和らげるたり、改善したりすることです。 あがり症の対する効果的な薬のひと・・・