あがり症を克服するための基礎知識のTOPに戻る
「あがり症を克服するための基礎知識」トップ >  薬物療法 > あがり症を抗うつ剤で克服する時の注意点

あがり症を抗うつ剤で克服する時の注意点

あがり症の克服に対して抗うつ剤も処方されていますが、全ての抗うつ剤にあがり症に対する効果があるとは言えません。
例えば、「三環系抗うつ剤」と呼ばれる抗うつ剤は、以前から様々な病気に対して処方されてきましたが、あがり症などの不安系の疾患には高い効果が望めないと言われています。
それに対し「SSRI」という抗うつ剤は、あがり症に最も一般的に処方されています。 「SSRI」は比較的、新しいタイプの抗うつ剤です。
「三環系抗うつ剤」などの従来の抗うつ剤が、いろいろな神経伝達物質に対し作用する薬であったのですが、「SSRI」は神経伝達物質の中のセロトニンのみに作用するのです。
セロトニンとは神経伝達物質の中で心理的障害に非常に係わりが深いとされており、「SSRI」は神経の末端部分でのセロトニン量を正常値に近づける効果があります。
また、「SSRI」はセロトニンのみに作用するため、副作用も少ないとされています。
このようなことから、「SSRI」は抗うつ剤でありながら、不安を抑制する効果が高く、「強迫性障害」、「パニック障害」など、様々なケースで処方されています。

以上のように一部の抗うつ剤はあがり症にも高い効果があり、治療にも有効であるといます。
但し、抗うつ剤を使用するには様々な注意点がありますので、必ず医師の指示に従って服用して下さい。
抗うつ剤はβ遮断薬などの即効性の薬剤とは違い、長期間、服用することが必要となります。 半年から一年、さらには数年間続けることでその効果が発揮されるのです。
また、服用を突然止めてしまうとリバウンド症状が現れ、返って症状が悪くなる場合もありますので、医師の指導の下で服用、服用の終了を行ってください、そのためには、心理的サポートが必要となり、心理療法の併用が最も望ましいといえます。
関連コンテンツ

あがり症を精神安定剤や抗うつ剤で克服する

あがり症に精神安定剤を使用し克服するこができます。 あがり症にもっとも多く使用されるのは「ベンゾジアゼピン」という精神安定剤という薬剤です。 この「ベンゾジアゼピン」という薬は、不安を原因とする、・・・

あがり症をβ遮断薬で克服する時の注意点

あがり症の症状の緩和に用いられるβ遮断薬ですが、服用にはいくつかの注意点があります。 心臓障害の一部、喘息などの薬とβ遮断薬は併用することができません。医師の判断に従って服用してください。 あがり・・・

あがり症をβ遮断薬で克服する

あがり症の症状、口の渇き、発汗、動悸、震えなどを緩和する薬として使用されているβ遮断薬は、元々は狭心症、高血圧、不整脈、心筋梗塞を予防するための薬剤、又は頭痛に対する効果も認められ、幅広く用いられてい・・・

あがり症の克服に向精神薬を使用する

あがり症を克服するひとつの方法として、薬物療法があります。 薬物療法とは、あがり症の症状や原因を薬を服用することによって 和らげるたり、改善したりすることです。 あがり症の対する効果的な薬のひと・・・