あがり症を克服するための基礎知識のTOPに戻る
「あがり症を克服するための基礎知識」トップ >  心理療法 > あがり症を心理療法で克服する

あがり症を心理療法で克服する

あがり症を克服する方法として、薬物療法も効果的ではあるのですが、心理療法を併用することが望ましいと考えられています。
あがり症の場合、様々な理由から、まず薬物を処方されることとなります。その理由とは、即効性がある薬物が必要である場合や、積極的治療への前段階として、精神的に安定されるため等です。
このように理由から薬物を服用している方に対し、精神的なアドバイスやバックアップを行うことが、心理療法の目的のひとつとなっています。
まず、あがり症において、薬物療法に対して期待できることを、明確に知っておきましょう、薬剤はあがり症そのものに対しての根本的な治療ではなく、不安を軽減することにあります、あがり症の人にとって「あがってしまう」という不安がとても大きな問題なのです。
また、効果の持続においても、心理療法の方が有効であるという報告もあります。

薬物療法はある意味「きっかけ」を作る治療といえるかもしれません、薬物により、不安が軽減され、より積極的な治療に向かうきっかけです。
但し、あがり症自体は心に深く根付いているために、薬の服用だけでは不十分であると言えます。
あがり症の根本的治療は、今までと違う行動様式を身につけたり、 考え方そのものを変える必要があるのです。
それには、心理療法は必要不可欠と言えるのです。

それでは、実際、心理療法とはどのようなことが行われるのでしょうか。
まず、一番大切なことは、あがり症の人が、あがってしまう状況に対して積極的に向かっていけるようにサポートすることです。
あがってしまう状況は、人それぞれだとも思うのですが、まずはその状況から逃げ出さないことが、最も重要なことなのです。 
そのために、心理療法では、段階を踏みながら、物事の見方、考え方を変化させ、コミュニケーション能力を学び、そのあがってしまう状況へ送りだしていくわけです。 
関連コンテンツ

あがり症を克服するために行動様式を変える

あがり症の人達は、不安を感じる状況を回避するために、その状況から逃げ出す傾向が強く、その結果、自分の殻に閉じこもってしまうと考えられています。 不安に心理状態にならないための自己防衛であり、無意識で・・・