あがり症を克服するための基礎知識のTOPに戻る
「あがり症を克服するための基礎知識」トップ >  心理療法 > あがり症を克服するために行動様式を変える

あがり症を克服するために行動様式を変える

あがり症の人達は、不安を感じる状況を回避するために、その状況から逃げ出す傾向が強く、その結果、自分の殻に閉じこもってしまうと考えられています。
不安に心理状態にならないための自己防衛であり、無意識での行動であると思われます。
あがり症を克服するためには、たとえ不安を感じても、その状況にあえて向かっていく、「逃げ出さない」ことが重要なのです。

あがり症の治療において、まだ何もしていない状況であるにも係わらず、あがり症の症状が改善されたという報告があります。 このような事例では治療開始前に本人が不安な状況にあえて立ち向かい、克服してしまったということです。
このような改善の仕方を示すのは子供に多いと言われています。
子供は親の影響が強く、親があえて、子供にとって不安な状況を設定しサポートすることで、子供のあがり症は大人に比べ簡単に克服できる傾向があることは事実です。
しかし、行動様式が固まってしまい、また思考も決して柔軟とは言えなくなってしまった大人は、子供と同じようにはいきません。
不安な状況から逃避する方法も、理由も巧みになり、その行動様式を変えることは難しいのです。
この、固まってしまった行動様式を変えるには「エクスポージャー法」という訓練が有効であるといわれています。
「エクスポージャー法」は曝露療法とも言われ、不安な状況をあえて作り出し、その中に自分の身をさらすという訓練です。
あがり症の人にとっては過酷な訓練かもしれませんが、不安な状況から逃避している限り、不安や恐れはなくなることはありません。
また、その不安な状況にあえて身をおくことで、不安は少しずつではありますが、軽減されていいくのです。 そのことが自信となり、やがてあがり症を克服できるという訓練なのです。
関連コンテンツ

あがり症を心理療法で克服する

あがり症を克服する方法として、薬物療法も効果的ではあるのですが、心理療法を併用することが望ましいと考えられています。 あがり症の場合、様々な理由から、まず薬物を処方されることとなります。その理由とは・・・