あがり症を克服するための基礎知識のTOPに戻る
「あがり症を克服するための基礎知識」トップ >  エクスポージャー法 > あがり症に有効なエクスポージャー法中の回避行動

あがり症に有効なエクスポージャー法中の回避行動

あがり症に有効な心理療法のエクスポージャー法ですが、注意点がいくつかあります。

エクスポージャー法を実践する場合、充分に時間を掛けることが重要です。
一度あがってしまってから、その不安が和らぐまでに約20分以上掛かるといわれています。したがって短時間で済ませようとせず、時間を充分にかけてください。

そして、エクスポージャー法の実践は繰り返し何度も行う必要があります。
もし、日常生活に支障をきたす程の、あがり症を克服するのであれば、時間を惜しんでいては、改善は望めません。
最低でも、一日、30分は時間を確保して実践することが必要です。
また、さらに重度のあがり症のケースでは、実践を繰り返すうちに、克服するスピードが遅くなっていく場合が報告されています。 しかし改善のスピードが遅くなっているだけで、不安事態は少しずつ軽減されているはずです。ですので、焦らず継続していくことが大切です。

エクスポージャー法とは行動様式の改善を行ってあがり症を克服しようとする心理療法なのですが、長年の培ってきた行動様式を変えることは容易ではありません。 
エクスポージャー法を実践しているつもりでも、無意識に回避行動をとってしまっている場合があります。 ちょっとしたことで、他人の視線から逃れようとしまっている場合があるのです。
無意識に行われているので、貴方自信も気づかないかもしれません。
ですから、まずは、自分の行動をよく観察してみましょう。 無意識に回避行動をとっていないか、先ずはその行動を自分で認識することが大切です。

エクスポージャーの実践中は、自分に意識を集中し過ぎないようにしましょう。 実践中はあえて、自分の外部に意識を集中し、自分の内部のことは、実践後に振り返るようにしてみましょう。
あがり症の方は、自分に意識を向ければ向けるほど、あがってしまう傾向があるようです、その逆に外部に意識が向いてるほど、不安は緩和されるようです。
関連コンテンツ

あがり症に有効なエクスポージャー法の成果の継続

あがり症を治療する専門家の医師たちも、エクスポージャー法はあがり症を克服するのに大変有効な心理療法だと認めています。 エクスポージャー法を実践することであがり症を克服した人達の中で、その後も、さらに・・・

あがり症に有効なエクスポージャー法での不安感

あがり症の克服に有効なエクスポージャー法についての注意点について説明します。 エクスポージャー法を実践していくと、初期の段階では、大変強い不安感を感じます。 なぜならば、段階を追って克服するにしても・・・

あがり症に有効なエクスポージャー法の評価段階

あがり症に効果的な心理療法のひとつであるエクスポージャー法の評価について説明します。 エクスポージャー法はエクスポージャー(実践)を行った後の評価が重要です。 できるだけ細かく評価を行い、次の段階へ・・・

あがり症に有効なエクスポージャー法の実践段階

あがり症を克服するたの有効な心理療法のひとつ、エクスポージャー法の実践方法について説明します。 まずは、準備段階で作成したリストを見直します、もしあいまいな箇所があれば、書き足します。 例えば・・・

あがり症に有効なエクスポージャー法の準備段階

あがり症の心理療法において有効だとされる、エクスポージャー法の準備段階について説明します。 何事をするにも同じだと思いますが、まず問題点を明確にし、整理することです。 ただ私は「あがり症」なのでっ・・・