あがり症を克服するための基礎知識のTOPに戻る
「あがり症を克服するための基礎知識」トップ >  社会能力 > あがり症にはコミュニケーションが有効

あがり症にはコミュニケーションが有効

あがり症の克服には、他の人と上手にコミュニケーションができるということが大きく関っています。
あがり症とは、社会不安が元となっており、人間の社会能力と密接にかかわっていると言われています。
あがり症を克服するためには、社会能力を高めることが有効であり、社会能力を高める事無くしては、あがり症の克服はないともいえるのです。
一般的にいわれる社会能力とは、この社会で生きていく上で他人とどうのように付き合うかという、行動様式のことです。
他人と付き合ううえで、欠かせないものが、コミュニケーション能力であり、社会能力の高い人ほど、コミュニケーションに長けていて、スムーズに自分の意思を伝えることができ、また好感を持たれる事となるのです。

社会能力を高めるには、上手なコミュニケーションが必要不可欠であることは、明確ですが、では上手なコミュニケーションとは具体的にどのようなものなのでしょうか。
まずは、自分の意見や意思を正確に相手に伝える事ができるということです。 この時多少言い難いことでも、相手を不快に気持にせずに伝えることができると、さらにスムーズなコミュニケーションになります、また相手の話す言葉によく耳を傾け、聞き上手になることも大切です。
また、言葉だけではなく、相手の目を見て話す、相手が聞きやすい声で話すなど、コミュニケーション中の行動様式も重要です。

このような、コミュニケーションなどの社会能力を、親や学校、テレビなどの様々な媒体から学んで身につけていきます。 しかし、コミュニケーションについては、その人の性質や経験の違いから、上手な人、下手な人の差があることも事実です。
あがり症の多くは、コミュニケーションは苦手だと感じてるかもしれません。
しかし、逆にいえば、上手なコミュニケーションさえ身につければ、あがり症の克服に役立つことは明確なのです。
まずは、人と話すことから初めてみましょう。
関連コンテンツ

あがり症の克服には上手に自己主張できることが有効

あがり症を克服するためには、社会能力を伸ばすことが重要な要素です。 では、この社会能力を身につけるにはどのようにしたらいいのでしょうか。 まずは、自己主張を上手にできるように考えてみましょう、・・・

あがり症の克服には社会的能力の向上が有効

あがり症は社会不安の一種といわれていますが、この社会不安はその人の社会能力と密接な関係があると言われています。 社会不安を認識した瞬間、社会能力が低くなってしまう人がいます。 例えばですが、親しい・・・