あがり症を克服するための基礎知識のTOPに戻る
「あがり症を克服するための基礎知識」トップ >  社会能力 > あがり症の克服には社会的能力の向上が有効

あがり症の克服には社会的能力の向上が有効

あがり症は社会不安の一種といわれていますが、この社会不安はその人の社会能力と密接な関係があると言われています。
社会不安を認識した瞬間、社会能力が低くなってしまう人がいます。
例えばですが、親しい友人とは上手にコミュニケーションがとれるのに、仕事上の上司や先輩などの目上の人に対しては、全くコミュニケーションがとれないという人です。
俗にいわれる内弁慶という人ですね。

また、全く逆の場合もあります、社会能力が低いことで社会不安を誘発し不安を生むというケースです。
例えばですが、高級レストランに初めて行った時、ナイフやフォークの使い方等のマナーを知らないということで、緊張しまうといったことです。
社会能力の低い人は、日常的にこのような、緊張や不安な状態に陥ることが多いのです。
社会不安とは、社会能力が低い(マナーなどを知らない)ことで、ある状況で正しい行動ができないのではないかという不安に陥ることなのです。

このことから、社会能力が高くなれば、社会不安はコントロールできるともいえるのです、レストランでのマナーを知っていれば、席について沢山のフォークやナイフを見ても不安に陥ることはないわけです。
高級レストランだけではなく、全ての状況においても正しい行動の仕方を知っていれば、緊張することなく、不安もコントロールできるということです。 
したがって、あがり症の克服のために社会能力を伸ばすことはとても大切ことといえるのです。

ちょっと貴方の周りの人を見渡してみてください、何事にも緊張せず、動じない人がいると思います、貴
関連コンテンツ

あがり症の克服には上手に自己主張できることが有効

あがり症を克服するためには、社会能力を伸ばすことが重要な要素です。 では、この社会能力を身につけるにはどのようにしたらいいのでしょうか。 まずは、自己主張を上手にできるように考えてみましょう、・・・

あがり症にはコミュニケーションが有効

あがり症の克服には、他の人と上手にコミュニケーションができるということが大きく関っています。 あがり症とは、社会不安が元となっており、人間の社会能力と密接にかかわっていると言われています。 あがり・・・