あがり症を克服するための基礎知識のTOPに戻る
「あがり症を克服するための基礎知識」トップ >  社会能力 > あがり症の克服には上手に自己主張できることが有効

あがり症の克服には上手に自己主張できることが有効

あがり症を克服するためには、社会能力を伸ばすことが重要な要素です。
では、この社会能力を身につけるにはどのようにしたらいいのでしょうか。

まずは、自己主張を上手にできるように考えてみましょう、自己主張とは自分の思いを、ただ相手にぶつけるのではなく、わがままを言うのではなく、上手に自分の意思を相手に伝えることです。

私達、人間が他人に対する行動は次3つの様式に分けられる言われています。
・回避行動
・攻撃行動
・自己主張行動
このうち、攻撃行動、回避行動は人間本来の防衛本能のようなもので、無意識下で行ってしまう行動です。
生命の危機などに直面した時などに行う行動様式で、生まれた時から備わってるものだと考えてください。
この3つの中で、自己主張行動だけが、人間が成長する過程で経験などから学んでいく行動なのです。
この自己主張行動が身につかないまま大人になってしまうと、社会能力は伸びず、低いままとなり、そのことが、あがり症に繋がってしまうのです。
上手に自己主張できるということは、相手の希望や感情、考え方を受け入れつつ自分の感情や希望を正確に伝えることです。
このことはコミュニケーション能力の高さとも密接に関係しており、上手に自己主張できる人ほど、社会能力は高いともいえるのです。

このように、あがり症に人にとって自己主張が上手にできるようになることは、あがり症の克服の一歩になることは間違いないでしょう。
そのために、まずは、どのような状況で、誰に、何を主張するかを明確にし、実際行動してみましょう。 この時注意することは、自己主張と思いながら、実際は回避行動や攻撃行動になっていないかということです。
自分の行動や言動を振り返り検証してみてください。
関連コンテンツ

あがり症の克服には社会的能力の向上が有効

あがり症は社会不安の一種といわれていますが、この社会不安はその人の社会能力と密接な関係があると言われています。 社会不安を認識した瞬間、社会能力が低くなってしまう人がいます。 例えばですが、親しい・・・

あがり症にはコミュニケーションが有効

あがり症の克服には、他の人と上手にコミュニケーションができるということが大きく関っています。 あがり症とは、社会不安が元となっており、人間の社会能力と密接にかかわっていると言われています。 あがり・・・