あがり症を克服するための基礎知識のTOPに戻る
「あがり症を克服するための基礎知識」トップ >  認知療法 > あがり症を認知療法で克服するための準備段階

あがり症を認知療法で克服するための準備段階

あがり症を克服するのに有効である心理療法のひとつである、認知療法は大きく分けて、3つのプロセスから成っています。
その3つの段階をひとつづつ確実に行っていくことで、あがり症を克服するのです。

まず第一のプロセスでは、あがるという状況を粒さに観察し、メモすることから始めます。
あがり症の人達に共通する思考傾向は3つに分けれると考えられています。
一つ目の思考傾向は、自分自身に対する思い込みです。
これは、不安な状況に身を置いたとき、自分自信の身体反応(発汗、赤面、震え)や、ちゃんと話すことができない、教養がないなどの自分の欠点などが他人に気づかれてしまうのではなかという、思い込みです。
ふたつ目の思考傾向は、他人が自分を評価しているという思い込みです。
一つ目の思考傾向の結果、相手は自分を低く評価するだろうという思い込みです。
最後の思考傾向は、他人の行動や思考に対する思い込みです。
これは、ちょっと分かりづらいのですが、他人は自分を低く評価し、その結果、自分に対して不快に思い、不都合な行動や言動を行うという思い込みです。 もう少し平たく言ってしまうと、意地悪をされるのではないかということです。
このプロセスでは、このような思考傾向を元に、自分がどのように感じているのかを明確にすることが大切です。

第二のプロセスでは、メモし、整理した思い込みについて、ひとつひとつ事実と照らし合わせていく作業を行います。
あがり症の多くの人は、思い込みを事実として捕らえていますから、思い込みを思い込みであるということを、検証していくのです。
メモして冷静に考えてみれば、確かに思い込みであると認識できると思います。 しかし、緊張や不安な状況にあるときには、なかなか思い込みを認識することは難しいのです。 やはりこの作業も繰り返しが大切です、振り返り、整理し、思い込みを認識するという地道な訓練が必要なのです。
関連コンテンツ

あがり症を認知療法で克服するための実践段階

あがり症を認知療法で克服するための、第三のプロセスは、あがり症の人独特のスキーマを明確にし、それを根本的に修正していくことです。 スキーマとは聞きなれない言葉かもしれませんが、ここでいう「スキーマ」・・・

あがり症を認知療法で克服する

あがり症克服のためには、行動することも大切ですが、考え方そのものを変えていく必要があります。 考え方を変えるということは、物事の見方を変えるということです、これは認知療法と呼ばれ、あがり症の克服にも・・・