あがり症を克服するための基礎知識のTOPに戻る
「あがり症を克服するための基礎知識」トップ >  認知療法 > あがり症を認知療法で克服するための実践段階

あがり症を認知療法で克服するための実践段階

あがり症を認知療法で克服するための、第三のプロセスは、あがり症の人独特のスキーマを明確にし、それを根本的に修正していくことです。
スキーマとは聞きなれない言葉かもしれませんが、ここでいう「スキーマ」とは、その人がもっている信念であり、「こうでなくてはならない」
といういうような考え方です、見方を変えると、固定観念ともいえます。
この信念というのは、普通の方にとっては、励みになったり、行動を起す原動力になったりするのですが、あがり症の人達にとって、このスキーマはとても、重荷になってしまうのです。

あがり症の人が、特定のある状況に身を置いた時、なぜか、このスキーマが突然、活動が活発になってしまうのです。
そして、強い不安感に陥り緊張してしまうのです。
あがり症の人達はこの、スキーマがあることさえ気づいていない人が多いようです、しかし、あがり症の多くの人達にこの強烈なスキーマが存在していることは事実のようです。

例えばですが、あがり症の人が「人前では常に自分をコントロールし、弱みを見せず、完璧な自分を見せなくてはいけない」というスキーマを持っているとします、事実あがり症の人の多くが似たようなスキーマを持っています。
あがり症を克服するには、このスキーマ自体を修正しなくてはなりません。

ではどのように修正すべきか、いくつか例をあげてみます。
「常に自分をコントロールするのは不可能であり、完璧な自分などみせることなどできない」や「他の多くの人達は寛容であり、多少の失敗など気にしないだろう」、「何もしないでいるより、失敗してもいいから行動すべきであり、失敗することは決してわるいことではない」などなど、いくらでも、修正案はあります。

但し、注意しなくてはいけないのは、文章を訂正するように、スキーマを訂正すのことはできないということです。 長年の経験から作り出したきたスキーマを、変える事は容易ではありません、時間をかけて、少しづつ何度も繰り返し行って行くことが大切です。
関連コンテンツ

あがり症を認知療法で克服するための準備段階

あがり症を克服するのに有効である心理療法のひとつである、認知療法は大きく分けて、3つのプロセスから成っています。 その3つの段階をひとつづつ確実に行っていくことで、あがり症を克服するのです。 ・・・

あがり症を認知療法で克服する

あがり症克服のためには、行動することも大切ですが、考え方そのものを変えていく必要があります。 考え方を変えるということは、物事の見方を変えるということです、これは認知療法と呼ばれ、あがり症の克服にも・・・