あがり症を克服するための基礎知識のTOPに戻る
「あがり症を克服するための基礎知識」トップ >  横隔神経 > あがり症の身体的原因のひとつ横隔神経とは

あがり症の身体的原因のひとつ横隔神経とは

あがり症を克服するためには、実践的な行動が大切なことは確かですが、ここでは身体的なあがり症の原因を考えて見ましょう。 
このうような、身体的な原因を知ることであがり症のメカニズムを知り、
あがり症の克服のヒントになるかもしれません。

あがり症の原因の身体的原因のひとつが「横隔神経」にあるのではないかという考え方があります。
横隔神経とは喉と横隔膜を繋げている太い2本の神経です。
この神経が伸縮することで、横隔膜を動かしています。

この横隔神経は横隔膜を動かすだけではなく、心の状態や成長に、大きな影響を与えていると言われています。
例えば、人はいきなり脅かされた時などに呼吸ができなくなってしまうことがありますよね、これは驚いてしまったことで、横隔神経が縮んだままになってしまい、横隔膜の動きが止まってしまい、呼吸ができなくなってしまうのです。
このように、横隔神経は非常に繊細な神経で不安や緊張、驚きなどに敏感に反応してしまうのです。
あがり症の人の症状の苦手な状況での不安や緊張などは、強いストレスを引き起こします、横隔神経はこのストレスに対しても非常に弱く、繊細に反応してしまいます。
なぜ、あがり症の原因が横隔神経にあるかというと、このようなメカニズムが体の中に存在しているからなのです。
全く逆の発想をすると、あがり症を克服するには横隔神経を鍛えればよいといえるかもしれません。

あがり症の人が苦手な状況で起す、手が震える、発汗する、下痢をするという症状は、自律神経の失調によるものであるといわれていますが、これらの症状も横隔神経を鍛えることで改善することが望めます。
関連コンテンツ

あがり症を呼吸法で克服する

あがり症を克服するうえで、大切な知識があります。 それは、あがり症は気持の問題でもなく、まして病気でもなく、単なる身体の癖であるともいわれていることです。 このことは、あがり症を克服するうえで、お・・・