あがり症を克服するための基礎知識のTOPに戻る
「あがり症を克服するための基礎知識」トップ >  横隔神経 > あがり症を呼吸法で克服する

あがり症を呼吸法で克服する

あがり症を克服するうえで、大切な知識があります。
それは、あがり症は気持の問題でもなく、まして病気でもなく、単なる身体の癖であるともいわれていることです。
このことは、あがり症を克服するうえで、おおきな励みなると思います、是非覚えておいてください。
この悪い癖は長い年月積み重ねられてきたもので、癖といっても容易に修正できるのものはありません。

しかし、この身体の癖を呼吸法により改善することもあるようです、呼吸法とは、複式呼吸を指し、横隔膜を鍛えるということです。

なぜ、呼吸法によりあがり症が改善されるのでしょうか、その鍵は横隔神経にあります、横隔神経はあがり症の身体的な原因ではないかと言われているのです。複式呼吸により横隔膜、その先の横隔神経を鍛えるということです。 

実際、横隔神経を鍛えることにより、情緒不安、緊張などの症状が改善されるようです。
そのため、あがり症だけではなく、赤面症などの不安や緊張が原因となり症状も緩和するのです。

普段、貴方はどのように呼吸してますか、と質問されても答えられませんよね、それは呼吸の動作が無意識に行われているからです。
逆に考えると、呼吸を意識的に行うことは簡単なことなのです、一日のうちで少しでもいいので、時間をとって、呼吸に意識を集中し、腹式呼吸を行ってみてください。
それだけなら、いつからでも、何歳からでも始めることができます、そして嬉しいことに費用もかかりません。

あがり症に悩む人は、とりあえずこの方法から行ってみてはいかがですか、複式呼吸を行い、横隔膜と横隔神経を鍛えるのです、これだけで随分と違うはずです、試しに行っても何も損はしませんから、騙されたと思って実行してみましょう。
関連コンテンツ

あがり症の身体的原因のひとつ横隔神経とは

あがり症を克服するためには、実践的な行動が大切なことは確かですが、ここでは身体的なあがり症の原因を考えて見ましょう。  このうような、身体的な原因を知ることであがり症のメカニズムを知り、 あがり症・・・