あがり症を克服するための基礎知識のTOPに戻る

あがり症は身体の癖

あがり症を克服することは、昔から大変難しいことだといわれてきました。
子供のうちならまだしも、大人になってから、あがり症を克服することは、無理であるという人もいるほどです。
そのために、あがり症の人の中には、極度にあがってしまうことを、まるで人格障害や精神障害と思い込んでしまっている人もいるようです。
その結果、治療そのものを諦めてしまったり、誤った認識のまま治療をうけずにいる方もいるほどです。
しかし、その認識は誤っていると理解してくださいあがり症は何歳からでも治療により克服できるのです。

まず、最初に認識して欲しい事は、あがり症とは、生まれつきの病気でもなく、また成人してから発症する病気や、精神障害ではないということです。 あがり症とは単なる身体の癖であるということです。
あがり症の人達は何歳ぐらいから、あがってしまうということを意識するようになるのでしょう。
たぶん、幼少期の頃にあがってしまうということは意識したことはないはずです。 事実、生まれた時から、あがり症という事例は聞いたことがありません。
あがり症の症状は、成長する過程において、周囲の環境が原因となり作られていきます。 決して脳や神経の異常による、精神病や、自閉症とはまったくちがったものなのです。

あえて、あがり症の原因を探し、突き止めるとすれば、幼児期の生活環境からくるストレスによる情緒不安定といえるかもしれません。
但し、幼児期には、単なる人見知りということで、さほど気にならないかもしれません。
しかし、その後の成長過程において、さらに強いストレスや、他人への不信感を起す出来事などにより、単なる人見知りという状態からあがり症へと変化することがあるといわれています。
問題は、それが習慣化し、身体の癖になってしまうということです。
関連コンテンツ

あがり症を克服するために誤った解釈を修正する

あがり症の多くの人は、自分の起きた事実を誤った解釈をしてしまう傾向が強いようです。 例えばこんな解釈です。 自分の目の前にいる人は、自分が今、緊張し不安に思っていることを見透かしている、そして、そ・・・

あがり症はあがってしまうことの恐れである

あがり症になりやすい人は、緊張しやすい体質の人だと考えられがちですが、実はそうではないのです。 大勢の知らない人を前に話しをする時は、だれでも緊張するものなのです。 あがり症の人は、緊張が原因であ・・・

あがり症とはどんな症状なのか

あがり症とは、どの程度の症状なのか、あがり症について考えてみましょう。 大勢の前で話をしなくてはならない状況で、過剰に緊張してしまい、赤面したり、冷や汗をかいたり、手が震えてしまう人はあがり症です。・・・