あがり症を克服するための基礎知識のTOPに戻る
「あがり症を克服するための基礎知識」トップ >  あがり症を理解する > あがり症はあがってしまうことの恐れである

あがり症はあがってしまうことの恐れである

あがり症になりやすい人は、緊張しやすい体質の人だと考えられがちですが、実はそうではないのです。
大勢の知らない人を前に話しをする時は、だれでも緊張するものなのです。
あがり症の人は、緊張が原因であがってしまうのではなく、「あがってしまったら・・」と考えて緊張してしまうのです。 
あがり症の人、特有の悪循環があります、あがってしまったらと思い緊張し、緊張してしまうので、極度の不安に陥り、あがってしまうというものです。

あがり症の症状は、人によりある特定の状況で起きると考えられています。
特に、人を相手にコミュニケーションをとるときに起こります。
人を目の前にして、極度の不安や緊張がおこり、あがってしまうのです、そして、その緊張が長く続けば続くほど、強い症状となります。

そして、問題なのは、ただ単にあがってしまうだけではなく、赤面やどもりの症状を併発してしまうことです。
あがり症や、赤面症、どもりなどは、全く同じ原因から起きる症状ともいわれています。 どもりは分かりにくいかもしれませんが、あがってしまっている状況を、振り返ってみてください、手の振るえ、赤面などに神経が集中してしまいきづいてないかもしれませんが、言葉につまったり、うまく言葉が繋がらないということがあるかもしれません。

この、赤面や、どもりは、更にあがり症を悪化させてしまうことがあります。
「あがってしまったら・・・」に加え、「どもってしまったら・・・」、「赤面しまったら・・・」など、不安要素がどんどん増えてしまい、さらに緊張は増してしまいます。

症状として、明確に赤面症やどもりがあるのであれば、まずはこの症状を改善することが、あがり症を克服する第一歩になるでしょう。
関連コンテンツ

あがり症を克服するために誤った解釈を修正する

あがり症の多くの人は、自分の起きた事実を誤った解釈をしてしまう傾向が強いようです。 例えばこんな解釈です。 自分の目の前にいる人は、自分が今、緊張し不安に思っていることを見透かしている、そして、そ・・・

あがり症は身体の癖

あがり症を克服することは、昔から大変難しいことだといわれてきました。 子供のうちならまだしも、大人になってから、あがり症を克服することは、無理であるという人もいるほどです。 そのために、あがり症の・・・

あがり症とはどんな症状なのか

あがり症とは、どの程度の症状なのか、あがり症について考えてみましょう。 大勢の前で話をしなくてはならない状況で、過剰に緊張してしまい、赤面したり、冷や汗をかいたり、手が震えてしまう人はあがり症です。・・・